自動車ローンはどこがいいか

自動車ローンを組むときは、ディーラーローンを組むか銀行のカーローンを利用するかで悩むかもしれません。もしも500万円以上の高額な自動車を購入するならば、手間をかけてでも銀行のカーローンを利用するべきです。金利が3%以上も違ってきます。金利3%で500万円を借りた場合、5年程度で返済をしたとしても利息だけで40万円程度がかかってしまいます。

少しの手間と時間をかけるだけで40万円が節約できるのは大きいでしょう。ディーラーローンのメリットは、販売店で自動車の購入と一緒に簡単な手続きでローンが組めるというところにあります。100万円程度の自動車なら、ディーラーローンのほうがメリットが大きいかもしれません。ディーラーローンでは車検費用が安くなるなど、お得な特典がついていることもあります。

ディーラーローンでは信販会社によって金利が4%~8%程度と差があります。できるだけ金利が低いところで借りるようにしましょう。結局のところ、ディーラーローンと自動車ローンのどちらがお得なのかはケースバイケースなので、一概には決められません。借入金額が高額なら時間と手間をかけてでも銀行のカーローン、借入金額が小額なら手間のかからないディーラーローンと覚えておくとよいかもしれません。

また、ローンですので必ず審査が行われます。銀行の審査に通らなければ、ディーラーローンしか選択肢はなくなってしまいます。また、頭金をたくさん用意できるほど審査に通る可能性は上がりますし、利息の負担も減らせます。できるだけ準備金をたくさん用意しておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です