自立立体駐車場のメリット・デメリットなど

自立立体駐車場とは、駐車場の種類の一つで、駐車場自体が独立して設置されていて、立体駐車場形式を用いた駐車場のことをさします。自立立体駐車場にもいくつか種類があります。大きく分けると自走式立体駐車場と機械式立体駐車場があります。自走式立体駐車場とは複数階の建物の駐車場を自動車で自走し、駐車スペースに駐車するタイプのものをいいます。

主に大型ショッピングセンターなどに設けられることの多い駐車所です。各階が平らな駐車場スペースになっていて、各階をスロープでつなげたフラット式と、全体を傾斜させて、スロープも設けず、傾斜部に駐車する連続傾斜式などあります。前者は駐車が容易で、後者はスペース効率が非常に良くできており、それぞれ良さがあります。機械式立体駐車場とは自動車用のエレーベーターやスライドなどを用いて自動車を機械で駐車場スペースに運ぶタイプの駐車場の事を言います。

主に都心部などで多く見られ、面積効率が非常に良いのが特徴です。また入り口で車を預けて、機械で自動で運んでくれるので、駐車スペースから歩く必要がないので、利用者にとっても負担が少ないメリットなどもあります。しかし自立立体駐車場にもいくつかデメリットもあります。まず高さ制限が厳しい点です。

特に機械式立体駐車場ではワンボックスカーでも高さ制限をに引っかかってしまうこともあり、あまり車高の高い自動車の利用を想定した作りになっていない所が多いです。その為あらかじめ下調べが必要などの手間もかかってきます。立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です